シブヤ(渋谷・しぶや)接骨院,整骨院,西東京市,ひばりが丘,若石式反射区療法リフレクソロジー,超音波治療器

年末年始のお知らせ

年末年始は下記の様になります。
12月20日(水)午前 8:30~12:00
         午後 5:00~ 7:00
12月23日(土・祝)予約診療
12月30日(土)  予約診療
12月31日~1月4日 迄 休診
 1月5日(金)より、通常診療致します。
上記以外の日は、通常診療です。

9月のお知らせ

9月 5日(火)  午後休診
   7日(木)  午後休診
   8日(金)  午前 8:30~12:00
          午後 6:00~ 7:00
  15日(金)  午後休診
  18日(月・祝)予約診療
  23日(土・祝)予約診療

西東京市薬剤師会勉強会に参加

市内の薬剤師の方々の勉強会に参加して、某会社の栄養についての講義が有り、次いで西東京市の整復師会とのコラボレーションについて以前から話があり、今回連携についてお話して来ました。西東京市からは、フレイル予防の市の取り組み方の説明でした。8月の勉強会では、フレイルチェック実施を行います。

東京初のフレイル予防が始まります。


5月16日(火)、第1回目がスタートします。東京大学高齢社会総合研究機構と西東京市が締結して昨年から準備を始め、今年に入り西東京市役所の担当職員と3人のトレーナー
(医師・理学療法士・私)が東京大学医師の飯島先生との打ち合わせに始まり、サポーターの市民の方々と講習会を行ってきました。西東京市が東京のフレイル予防のモデル地区になり、他市・他府県に広げていく構想です。高齢化に伴う様々なリスクをいかに抑制して行くかが日本の未来にもかかってきます。皆さん、聞きなれないフレイルという言葉ですが、
自分の事ですので要チェックです。写真は今月の旭川の常磐公園のチューリップの見頃です。

フレイル予防講演会行きました。


1月14日 西東京市市民会館にて。
フレイルとは、身体が介護の状態と健康な(自立)状態の間のことを言います。
介護に入る前から、社会・体力・栄養の3点を中心に各自が出来ることから
改善していくことにより、健康寿命を維持することが出来ます。

在宅医療推進フォーラム

img_20161123_162510
11月23日第12回在宅医療推進フォーラムが東京ビッグサイトで開催されました。全国での在宅医療の取り組みの中で、特徴を持った活動が発表されました。行政と医師会が協力してやっている地域では、西東京市長と医師会会長が講演されました。ほかの講演では、在宅医療は高齢者に目が行きがちですが、宇都宮市の先生は、重症児地域包括ケアで発表され、医療・福祉・教育・保育などの分野で医療的ケア児の受け皿が不足し、家族に多大な介護負担を強いている現状が分かりました。在宅医療の先駆者達の地域での活動には感動しました。今回参加したのは、我々の活動可能な事があるのかという思いで行ってきました。地域包括システムは、市民が中心で、周りが協力して作り上げる大切さを学ぶことが出来ました。午前10時から午後5時まで。画像は、最後の40分ほどの全講演者の今後の展開等の質問を受けているところです。西東京市長と医師会会長です。

1 / 41234